セルフカラー診断を受けて何が変わったか③ ~実際、どんなことやるの?~


一話はこちらから☆

【セルフカラー診断を受けて何が変わったか ~sen-seプレミアムフォトコース参加への決意~】


***

色=光のエネルギー

だから、

自分のエネルギーと合わないものを
纏っていると、それだけで、体調に影響したり、
おかしな人間関係を生みだしたり。

はたまた

「この人ってどんな人?」
「ん?なに考えてるか、よく分からない人ね」

と、周りに対しても“違和感”を与える存在になるらしい。
(わたし、それを聴いて、思い当たるフシ、いっぱいアリ

***

◎ 実際に診断で行ったこと

・ 色についての説明
・ 性格からの自己分析
・ 肌の色からチェック
・ 筋反射テスト
・ 資質や性格、行動からの分析
・ コミュニケーションからの分析
・ 声からの分析

***

私がもっとも、
いろんな意味で“ひっかかった”のは、最後。
“声”からの診断です。

10:00~16:00まで、
みっちりと一日通して行われる診断は、
後半、カラオケボックスへ移り、

それぞれの声の出し方

を見るわけです。
が、私の場合、午前中に「このタイプじゃない?」
と言われていたものから、
“声”をみていだたいた瞬間に、大きく変更。

それまで、
ふむふむ、私はこのカラーのタイプの人間か。
確かに“性格的”にはハマってるかも。

くらいで、思っていたのに、
いきなり、“性格的”にも“コミュニケーション”の取り方的にも、


えぇーーーーー!!こんなの私じゃな~~~い(>_<)

という診断内容が告げられ、
「うーん、…かおりんちゃんは、ちょっともう何回か受けた方が良いかも・・・」
(2回目以降はカラオケ代のみ)
と、カラオケボックス18時。その日の診断は、あえなく、終了。

よく分からないまま、終わったことで、
内心、モヤモヤ。

ところが、

これがまさかの大どんでん返し。

えぇーーーーー!!こんなの私じゃな~~~い(>_<)

と思っていた、性格や行動のとり方。
実は、これは、
後に、「あ、私これかも・・・(^_^;)」と納得するに至る、
自分へと変貌を遂げるのです。

(まぁ、2回目も受けるので、ちゃんと納得したのは、一か月後やけど(^_^;))

つまり、この日、このとき、
カラオケBOXで一体なにが起こったか。

ここが重要。

そこで、
自分自身の抑えていた“何か”
私は、ついには、これに出逢ってしまった!

・・・のだけど、
それは、また次のはなし

つづき☆

セルフカラー診断を受けて何が変わったか④ ~自分が思っていた自分と“ホントの私”~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です