生きづらさとの闘い。

今は岡山にいるよ。

人が温かくてやさしい街に住んで、もうすぐ5年。今年秋頃にはまた違う場所へ移動するかも?

そんな間、この前春に齢40になった(信じられない😱)。ときどき、この我が国ジャパン、いい国だけれども、ものすごく生きづらいなぁと感じることもある。

生き方、考え方、価値観。

人それぞれでいいじゃん!と言いつつも、人が雰囲気が地域が、けっこう身近な親戚が家族が、それを許してくれないことも多い。

この国の“ふつう”という暮らしに添えない人々は、一体どうやって生きていけばいいんだろう?

どこか遠くへいきたい。

『ぼくのたび』は読むたびに、そんな気持ちの軸に語りかけてくれて、なんかむしょうに飛び立ちたくなって、ほんの少しだけ現実を忘れる。

絵と音楽と物語の時間、絵本ライブのとき、掻き立てられる衝動…

ほんっと!

ときどきふと姿を消して、知らない国や知らない場所へ行けたらどんなにいいだろう。

…やっぱり、もっと言語勉強しよう。

人間年齢、齢40まだ間に合うかな?

生きづらさもぜんぶしょって、それでも強く生きてみたい。今、ひそかなるリンゴの思い🍎

かおりんご

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。