つづき。朝ぼやき。

なるほど。

そりゃいいわけだ。

プロデューサーが彼女自身だった。

 

##

 

あまり知らないかもしれないけど、

モデル梨花だけじゃない

昔のバラエティーイメージじゃない

生き方と姿勢そのもの

ずっと好きだった。

しかもそこに誰も寄せ付けない、近づくことができない“センス”と“才能”がある。

モデルとしても、まだ誰も歩いてない道。

どこまで創っていくんだろうか。

 

 

有名になりたいとか。

有名人に会いたいとか。

有名だから会いたいとか。

こういうひと、よくいるけれど。

(なにそれオイシイの?と思う。それで会えたとして、明日死んだとして、その使った時間て本当にいいものなの?)

 

 

そう思うひとの気持ちは

サッパリ分からないけど

 

 

でも。

もしもそのうち彼女に会えるなら、

色々聞いてみたい。

 

 

勝手に、素のままで、喋れそうな人だと思っている。

聞きたいことがたくさんある。

きっと聞いたところで、「うーん!そんなことないよ!」とか「分かんないけど、こうじゃない?」とか、ふつうに返されそうだけど笑。

 

 

あぁ、初めて言った。

ミーハーと思われそうなのが、

嫌だったんだ。

でも、たぶん10年くらいかなぁ

ずっとみてる。

いいものは、いいから。

彼女くらい、世界でひとつの生き方に。プロとして、女性として、でも愛される存在として、生きられれば。

 

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です