タイミング。

そろそろ、みなみ達が飛び立つとき。

いろんな気持ちが交錯している。

##

飛び込みの美容室、

姉は前髪もしっかりと切った。

肌襦袢、足袋‥

家に戻り明日の準備。

ヨシ。オッケー。

明日は以前からお誘い頂いていた“ろーじ”。大阪時代から、さかのぼって、とうとう岡山から行くことになろうとは。

洋平さんと瞳ちゃん。

二人にも会って、お礼を言いたい。

 

2年前のお正月、とても心配してくれていた。知った直後、大きなイチゴが届いた。「ひとみがかおりんに贈りたいからと」何枚も綴られたお手紙といっしょに。

いつも何かあると心ある対応。同い年、こんなにやさしい夫婦を知らない。最近心が殺伐としていたから、尚更‥今会いたいひとたちだ。

 

早朝、ネコもちゃんと起こそう。

“書く”が怖い病も、少しずつ抜け出せたら。

 

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です