【マラソン】10キロ走って見えたもの。

後はやっぱりオリーブソフト!

思ったよりしんどかったー。

アップダウンのあるマラソンは初めて。10キロ、5年前の大阪淀川マラソンぶりに走ったよー

◼スタート~3キロ地点

多少のアップダウンはあったけど「あ、けっこう余裕かもしれない」の感触。1キロ6分10~20秒ペース。横目に海を見ながら、好調な滑り出し。

◼3キロ~4キロ地点

だんだん足が重たくなる。でもまだ少し余裕。5キロまでは練習でも走ったことあるし!と、とにかく5キロ30分以内でいきたい気持ち。ネコサンへ「7キロまではこのペースでいきたい」と。

◼4~5キロ地点

「あれ?思ったよりしんどい」

5キロの折り返しターンがなかなか見えない。とにかく足が急に重たくなる。日差しもつよい。‥もしかしたら、10キロ無理かも?

 

◼5キロ~6キロ地点

「いいペースだよ」

今回は並走するよと言ってくれた猫に5キロ30分20秒!と告げられたが、もう完全にキツイ。ペース早めだったかも。ちょっとした坂道で足がぼてぼてしてしまう。

 

◼6キロ~7キロ地点

ネコサンへ「ごめん、ちょっと無理かもしれない」このまま走るか迷った挙げ句、ペースに限界を感じた。そういえば、練習で走ったの4キロまでだったこと思い出す。

「とにかく7キロまでは走るよ!」最後の力をふりしぼる。

 

◼7キロ~8キロ地点

「ネコサン、置いてって(>_<)」

7キロの札が見えた地点で伝えるが「かおりん、ゆっくり歩こう」「無理はしないこと」後ろ隣、猫もゆっくりついてくる。

 

◼8キロ~9キロ

いろんな思いが交錯する。

情けないなぁとか。走るって言ったのになぁとか。さっきはあんなに遅いなぁと感じた人々にどんどん抜かされ。

でも気持ち悪くて、とても走れない。ふっと、マラソンて人生に似てるなぁと。

とにかく、歩いても走っても最後ゴールまでいこう。

 

◼9キロ~10キロ地点

8キロ過ぎて「もう走らない?」と聞かれ「いや、最後1キロは走るよ」と答えた。歩きながら、ラストは走ろうと決める。

残り1キロの札が見える前、旗降ってるおばちゃんの「ラスト1キロだよー!フレー!」きいて、スパート!

🐱「かおりん、そんなに飛ばして大丈夫!?」

🍎「大丈夫!そのために2キロで体調整えたんだ!」

わかったー!と、今度は後ろじゃなく、斜め前を並走していくネコサン。

 

◼ゴール地点

そのままダッシュでゴール!

🍎「タイムは??」

🐱「1時間15分ちょっとだね」

 

スタート地点。

「1時間切れるかな?」そんな会話もぶっ飛んだ。練習ほとんどなしに、そうじゃマラソンで10キロなんなく走ったネコサン。「かおりんもきっと走れるよ」と言われたが、今日試してみてわかった。そうじゃなかった。

私は練習なければ、今は7キロが限界なんだ。

 

 

意外に悔しさはない。

なんだか、納得の結果だった。

 

 

おつかれさま。

走ったり歩いたりした10キロ。スタートへ立ってゴールまではやって来た。

食べられないかと思ったそうめんは格別においしくて。まさかお代わりするなんて。

つかれたー。しんどかったー。

ネコサンもありがとう。見捨てず最後まで。

なんか、いっぱい感じたマラソン大会だった。

 

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です