バンクーバー国際空港、3年前との違い。

なるほど。だから、機内で入国書類が配られなかったのか。

 

きっと3人分書くんだろうと、リュックに用意したペンは結局一度も取り出すことなく。

調べてみると、バンクーバー国際空港では、2017年より通称“キオスク”を導入。以前は、機内で記入していた、旅の目的やら何日間の滞在かなど、一瞬の打ち込みで終わる。つまりペーパーレスの動きだ。

写真は取り忘れたが、入国審査前に見慣れない機械達があった(これがキオスク)。もちろん、“日本語”も選択可能!

 

なんだかここまでが既に旅っぽい。exit出て力尽きつつ、待ち合わせ場所へ

 

◼空港到着、動画も写真も出口付近のみ

ギリギリまでハラハラorz

入国審査を受ける手前の大行列最中、再び、父「なんかちょっと調子が悪い」「座るとこない?」と、車椅子を手配するかいなか‥(本当に母と二人で飛び立たせないでよかった)てこともあり、写真を撮る余裕が正直なかった。

トトロ達に会う直前までのこと。

 

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です