ひとりごと。ラカンパネラを聴いて。

涙が止まらない。

目が見えないピアニストだとか、そんなことじゃない、単純に心揺さぶられる演奏だった。

今日は、清塚さんのピアノから始まり、ここ数年ずっと観に行きたかった辻井伸行さんのドキュメンタリーをみた。17歳で挑戦したショパンコンクール、セミファイナルに残るも決勝は出れず、あのバン・クライバーンで優勝するまでのドキュメンタリー。そこで弾いたのはラフマニノフ。

■一体自分はなにやってるんだとか、吹き飛ばされた

正直、どうでもよくなった自分のこと。清塚さんの時点で「わたしなにやってんだろう」ととても落ち込んでいたが、辻井さんのピアノ。聞けば聞くほど、あたたかい。そして、人生を通して鳴る音の透明感に壮絶な思いがした。最後に聴いたリスト『ラカンパネラ』。胸をえぐられる気がした。

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です