映像・音響のこと。

いつもそうだけれど。

わたし…。

たぶん、数秒のズレも許さない。

一秒、一時が大事

緊張感、きっと想像以上?

昨夜、後ろの方で、見守ってくれていた、ルルマルオーナーさんも「すごい」と絶賛。

…あ、そうか。ほんとにそうだな、と改めて。←当たり前だろうくらいに思っていたやつ

試写会前に【瀬戸内海が一望できる場所】視察

👧「映像は、秒間決まっていて、スライド的にかと思ったら、…手動で、タイミング合わせられてるんですね」

👦「(ちらり)そ、そうなんです」

🍎?

👧「音楽あるときと、無いところも、間合いがすごく計算されていて…それで、無いところの言葉も、さらにふわっと浮かび上がってくる、というか」

👦「…まぁまぁ、大変ですが。笑」

🍎「音楽にリズムがあり、言葉にもそれがあるから…」

🍎「そこがズレたら、ダメなんです」

🍎「…もはや【終わり】なんです」

👦「…う、うん(わかってるよ)」

🍎「間合いやタイミングは、その日の空間や観客によっても変わります」

👧「なるほど」

もしかすると、一番興奮していたのは、↑さんかも。

試写会直後、映像・音響について、マシンガントークが繰り広げられていた。

…たしかに。

もっとかんしゃせねばと思い直した直後のはなし。

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です