一抹の不安と大きな期待。

でも、どうなんだろう。

これ、本当に“合っている”んだろうか。

声や物語と合わせて、さっきで7回目。何度聞いても、あまりにも違うこれまでとは。え?かおりんごはこういう世界もやるの?てかんじ。

なにせ、音楽もサウンドも“ダンチ”。

◆人間の心理をついた、キツネと星の話

三日前、出会うべくして出会った。見つけた瞬間、「しまった」と思った。

一読し、語りたい衝動に駈られ、静かなる興奮。すぐレジへ持って行ったものの(←けっこう珍しい)、曲はサッパリ見当もつかない。

人生てわからない。どうしよう。

とにもかくにも、早くこれを“三次元化”しなくては。きっと待っている人がたくさんいる。

音楽と語りをつけて、初めてリアルに届くとはこの話のことではないか。

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です