魂レベルの対話の結果。

たぶん、こういう話、ブログでするのも、はじめて。苦手なひとは読まないで。

※先に断っておくと、下記な話はするけれども、私自身はスピ系のひとの収まりでもなく、新興宗教を抱こうとしてる者でもないよもちろん。

かお凛、わたしというひとのこと。

強く自覚したら、今度は悲しみが込み上げてきた。わたしは、結局、どんなに努力しても、普通のひとと、同じにはなれないんだ。やっぱり“違う”んだと。

これまで、ずっと疑問に思っていたことを、最近は“HSPだから”で片付けようとしていた。

なんで、わたしは、こんなにも“わかってしまう”んだろう。こんなにも感じとってしまうんだろう。

逆に、なんで、ひとは感じとれないだろう。感情の波はおろか、目に見えないものさえ、本当に見えない…んだろうか。

疑問なら、まだまだいっぱいある。

どうして、ひとはそんなに物をほしがるのか。物がないと不安なのか。テレビや新聞に出ると喜んだり、有名になることや地位や権力や名誉に憧れを抱いたりするのか。

そして、どうして、自分を特別な存在だと思いたがるのか。

全く、理解ができなかった。

本来、ひとは、ただ全うに生きるだけで、世界中で、たった一人の存在なのに。

でも、今日、全てに納得がいった。

なぜ、わたしは、理解できなかったのかも。自分という人の理解を強めたら、また“降りてきた”。

わたしは、たぶん、それらを持つというのが、どういうことなのか。…つまり、信じられないかもしれないけれど、これを、すでに深く知っている。

理解していた、という方が正しいかもしれない。それらがどういうものか。その使い方も。

神様がわたしにお酒を呑ますのは、人間らしくあれる時間の授受だ。

いろいろ一気にきて、追いつかないけれど、ネコ父が盛んに牽制してくるのも、実はネコ父が“魂を感じられるひと”だからだ。

◆魂レベルの話

ただ、ひとつ。

話する自体は、いつも楽しいのだけれど、正直、彼の哲学は、その“器”が小さく、わたしはどこまでもそれを真っ直ぐにみてしまう。それがきっと苛立ちの原因。

ところが、今回は、それを越えたところで、わたしへの“承認”が起こった。

自覚すると、ますます怖い。

わたしというひとは、ひとの人生を大きく左右しかねない。

この力に、私自身が警戒してる。だからずっと“抑えて”きたんだ。ふつうのひとであろうとして。

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です