【驚き更新中】まだ観ぬ絵本ライブ、岡山で広がりつつある“ファン層”の話。

👧「…来年6月!?」

👧「その、木のロッジ、オーベルジュでのライブ、私も行かせてもらっていいですか?」

🍎「え」

🍎「…え( ̄□ ̄;)!!」

ご主人の東京出張土産をもらいつつ、今日は1週間ぶりの再会。

そして、話すこと、小一時間。

【神戸プログラムに“問いかけ”を入れる案】なんと採用されましたよ!を伝えるべく、いつのまにか来年のライブの話題へ。

👧「絵本ライブは、忘れかけた記憶や大切なこと、思い出させてくれる瞬間。」

👧「たかはしさん…もっと、こう、宣伝されないんですか?」

🍎「…」

👧「広報担当の方は?」

🍎「…はい、わたしです」

👧「え!そうなんですね!?」

これまで作ってきたチラシ、プログラム、案内をながめながら

👧「ここまでの完成度…ほんとうにもったいない。もったいないですよ!」

👧「わたし、もっと…」

🍎「?」

👧「わたし自身も、もっと絵本ライブのこと、皆さんに知ってもらいたいです」

■経緯や思いを話はじめたのは、約数ヶ月前

🍎「あの、ほったさん。」

🍎「でも、…でもわたし、そもそも、絵本ライブで有名になりたいとか。そういうキモチはこれっぽっちもなくて」

👧「?」

🍎「わたし自身は【死ぬまで続けていたい】。それが目標なんです」

👧「はい…」

(わかってますよーのジェスチャー)

👧「でも、でもね。」

🍎「?」

👧「そんなステキな時間…」

👧「必要な方に届けるには、まず【絵本ライブ】がココにありますよ!という事実を、知って頂かないと」

🍎( ̄□ ̄;)

🍎「は…はい(全くその通りなんですが)」

👧「はい、そうですよね」

🍎「は…はい」

■感受性のつよさ

どんどん質問されていくうち。

来年、6月は神戸の六甲山の上で、夕方から始まるライブと伝えると、「もしも車でいくなら、近くのホテルを押さえるのが一番良さそうですね」と。

男気の即決。

え( ̄□ ̄;)!!

まだみぬ絵本ライブとかおりんごに、どんどん(増えてゆく)岡山での応援者。

これは…

大きな力はたらいてる?

なにか、信じられない(ぞ)

ほったさん。

この前、岡山から来てくれた、よしこさんの“絵本ライブ体験秘話”を、まるで自分のことのよう、嬉しそうに話してくれた。

それぞれに広がってゆく妄想世界。

ちなみに、岡山の友、ともさん、ほったさん、そして、広めたいと言ってくれているみかちゃん…実は、まだ絵本ライブ未体験。

おいおい。

これは一体どういう現象なのか。

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です