【想い出メモ】入籍記念日、奇跡の連鎖のはなし。

もうすぐだねと、話したのは今朝のこと。

どこか南の島でも行って泳ごうと言ったのも、また今度になり、会社からの通達で今はどこにも行けそうになく昨日から気持ちだけがふわふわと。

🐱「ねぇ、8月25日の方でいく?」

🍎「え?」

🍎「26じゃなくて?」

🐱!

🐱「…それは今月の方でしょ」

そういえば、ネコサンとの再会は26歳の夏。つき合うことになったのは、転職前最後の場所、鳥取県米子市だったこと。

まだ、神戸で教師だった頃に参加した地元での同窓会で、十代に最愛と思っていた人との再会も振り切り、二人で抜け出したこと。思い出した。

運命のふしぎ。

あの頃、周りの誰もから最も結婚に遠いと言われたオンナ。結局、繋がれたのは、今横にいるこの人だった。

🍎「ごめん。入籍記念日が今月で、つきあったのは…」

🐱「うん、8月25日だよ」

結婚なんてしない。そう豪語していた自分がいっしょに暮らし始め、何年も続くことになるなんて。一年経つごとに、いつも奇跡みたく感じていたこと。

今年のお祝いは、もうすこし先にしよう。

結婚する前は、無口だったネコサン。今や…なんだか、同じくらいよく喋るようになったような。

あの頃、夢見た未来が今や“日常”。

今も奇跡の連鎖の上を走り続けているような、今日はそんな気持ちになった。

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です