ひとりごと。気質のはなし。

まず、素晴らしく何事にも興味がない。

たぶん。

食べものも、着るものも、人間関係も。

なんでもそうだけど。

基本的、ほど良い距離感がだいじ。

味が濃すぎると、よく味わえず、

目に入るものがカラフルすぎると、

目を背けたくなり。

太陽のように眩しい人をみると、

遠ざかりたくなる。

ノーストレス、どんなに好意的な相手でも、

いっしょにいる時間の長さに

耐えること、できない。

情報過多で、

ときどき、ハゲそうになる。

きっと、ほとんどのこと、“重たい”のが苦手。

そう思う。

それを強要される生活が向いていない。

きのう。

得意料理ってなんですか?

きかれるが、答えられず。

その単語通りの、

作りたいほどのものが浮かばない。

というか。

まず、料理よりも、なによりも、

色んなものへの執着や興味がない。

求められればする(かもしれない)というスタンス。

いっしょにいるひとに、

「それがあなただよね」と言われて、

たしかに。

生活感、家庭的、という単語から、ほど遠いこと。

あったような、

なかったような、

自覚のなさに、うまく受け止められず、

ただただ、

今(なぜか)、驚いている。

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です