【振り返り】かおりんごの絵本ライブの今、昔。

そういえば、約3ヶ月前くらいまでは『えんとつ町のプペル』に本気で取り組んでいた。

多くの経験をもらい、たくさん成長できた。ただ、やればやるほど、激しい葛藤に見舞われていたのも事実。

◆人生の転機、たった三ヶ月前まで

今はこのときから少しずつシフト。あのときの葛藤や経験も全て必要な過程、頂いたものは全て肥やしになるはず。

今度は本気で【本当に演りたい作品とはなにか】。気づけば37歳。もう一度、原点に立ち戻り、これに向かい合うことにした。人生を変えるには、三ヶ月もあれば十分かもしれない。

今は、正直、絵本ライブを演りたくて演りたくてたまらない。

【音楽と物語と絵の世界】これは改めていいものだということ。おかしいかもしれないけれど、まだ見ぬ、待っている人々が大勢いる。そう、よりリアルに感じるようになってきた。

物語があちらから語りかけてくる世界

まるで一つの“人生”みたく。絵がいいとか、かおりんごの語りがいいとか、そういうことではなくて、その三者が混じったとき静かなる爆発?ハレーションのようなものが起こる。

◆四年前、始めた当初いちばんの想い

それは、相手が誰であれ、“やさしく包み込むような世界”をつくりたい。それを届けたいということ。

もしも明日生きる希望を失っていたとしても「もう一度人生いきてみよう」そう思える瞬間を。わたしの人生をかけて創ってみたい、そう思っていた。

と、なにも知らないひとへ。

こういうことを真面目に話したら、いつもビックリされたのだけれども。

なにせ、🍎の被り物したイイオトナが、子ども主体の実用物“絵本”を掲げて真顔でそういうのだから(そりゃそうか)。

でも、少しずつ、少しずつ、近づいてきた。冗談で言ってるつもりはないよ。

今も、四年前も。最近は、男性や年齢がもっと上の人や、人生経験が豊かなひとや真面目に生きたいひとにほど、届くのかもしれない。そう思ってきた。

…深夜2時、早すぎな目覚め時間。ついでに振り返ってみたこれまでのきもちなどを。あーもう寝れないな。

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です