【絵本ライブやる理由】0.1%への想い。

「年齢を重ねた大人だからこそ、味わえる世界がある」

その世界観を形にしてみたい。

『すきになったら』や『ぼくのたび』はその代表例。

とにかく、できたーーー(涙)!

というか、そもそも本屋にある9.9割の絵本に興味なし。響くのは、たった0.1%。大げさかもしれないけれど、…わたし、これをやりきってから死にたい。

そう、きっと今、奇跡みたいなことを現実にしようとしてる。

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です