夜のはなし。

一昨晩のエイ。

今、明け方の四時。電気がパッとつけられ、慌てて顔をあげると、フルチンの父が目の前に立っていた。え😱

すぐに下着を履かせると、ありがとう困っていたんだと。

それにしても…

なぜ、このひとは寝ないんだろう?

ここ数日、たしかにハイ気味。

でも、昨夜のは明らかに異常行動だった。

夕飯済ませたお風呂後、つじつまの通らない話をしだし、リビングを踊るように歩き回り、しまいには敷かれていた布団も片付け(るり大激怒)、今から散歩へ行こう!て。

ビール2缶飲んだせい?

最初は、酔っ払ったせいかと思ってたけど、結局、父は昨夜も(一昨日も寝てない)ほぼ寝ずに、なんやかんやと行動しつづけた。

もしかしてクスリ?

昨夜は、いつもの薬に加えて、数ヶ月ぶり、眠剤を一錠飲ませていた。

にもかかわらず、ほぼ一睡もしない?

…ナニソレはぁ?

母からも、これ効く時もあれば、全く効かない時もあるから!飲む前にそう聴いていた。

ミーティングでも話題になったのは、【夜の睡眠の確保】。

これができると、だいぶちがう。

介護も睡眠なしにはかなりキツい。逆に睡眠がとれると、なんとか一日がんばれる。

せん妄や転倒や異常行動。これらが多いのも深夜じかん。

パーキンソンの処方薬、
眠れると、薬の効き目もかなり違う。

👧「本人も、夜は眠れた方がいいよね」

🐱「たしかに【夜の睡眠問題】は大きいですね」

🍎「介助側にとっても、夜しっかり眠ってもらうが急務」

🍎「今度の診察は、レム行動睡眠障害に効く薬を処方してもらえたら…」

病気の症状で眠れないの?

あ、今、母も起きてきた。

AM5:41

父もさすがに“起きた”かな。

単純に、なんで眠れないのか?聞いてみた。

夜中の行動はほぼ覚えていないらしい。

え😱

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です