そして、驚いたこと。

今日、また気づいたことがあった。

◆絵本は“幼児向け”が多い

当たり前で、これが一般的な認識なんだろうけれど。

わたしは本屋にある8割くらいの絵本に対して、ほとんど興味がないらしい。ほとんど、タイトルと挿し絵をみて、とんとヒイテしまったり。やっぱり絵本はその殆どが“幼児向け”や“子ども向け”だなと。

◆心に響くものはあるか

そこから興味のありそうな2割くらいへ手を伸ばし、開けてみる。そして、開けたうちの8割くらいはすぐに閉じてしまい、最後までたどり着けない。

◆選べたこと自体が奇跡

絵と文と空間。

言葉や文脈もかおりんごが読んで違和感ないかとか。まず、選ぶ時点で、自分の感覚とベストマッチするなんて、殆ど奇跡に近いものなんだと気がついた。

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です