創作と興奮の日々。

どうしよう。

ドビュッシーとショパンの世界がひしめきあっている。

もしかしかして、どちらも“演ってみるべき”?

日本の6月。

嘘のように、けだるい暑さ。空港おりたときの、あのカラッとした夏がなつかしい。

そんなこんな、明日はロシアンが岡山にやって来る!とりあえず、創作と興奮の日々。

誰にも心はとらわれない。

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です