【動画】プロ意識の補足せつめい。朝コソッと浴室横で語ってみた。

ある一定水準を必ず超えること。

これは、プペルの頃からも殆ど変わってない。

ただ、空間や対象や作品へのこだわり。

それらの“バランス”を考えるようになった今は、更にその意識の段階は上がったかもしれない。

今後の対象は大人。

幼児向けの絵本を語る未来は二度とない(と思う)。

けど、もしもその状況に応えねばならなくなったら、プロとして、どのように応えるか?

今回は、気持ちの部分も補足してみたよ。

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です