【長文】結局、何もしたくないんだと気づいてしまった。カオリンゴドットコム構想の途中経過など。

 

何もしたくない。というか、やっぱりしたいことしかできないんだ

 

35歳、『カオリンゴドットコム』構想を本格的に考え始めて、早3か月目。そこからいろんな人へ「こんなふうにしたい」「あんなことやりたい」と相談していてね、いよいよ一巡してしまった(おかえり)。

今、本当にやりたいだけカタチに整えよう!と再度まとめなおしているよ。かおりんです。

PCで頭整理しながら打ってたらつい長くなった、時間あるときに。

 

実は本当にやりたいことって、そう多くないもんだ。

で、考えをまとめる前に、

昨日、ゆかりさんにも話してたんだけど。

 

■まず体調面を整えなきゃなという話

「この間のヨーコとの練習中、実は字が追えなくなってしまって」

先週の打ち合わせ日。ピアノ横でプぺル絵本を読んでいたら、ふっと字が消えた。一瞬見えなくなってしまうということがあり。起こったときは、目をこすって読み返したもう一度。でも、練習中にセリフを間違えるとか、あんまりなかったのに。

感覚としては、≪目がかすむ≫≪字がぼやけた≫とは少し違っていて、以前、広島へ行く途中トンネルで平衡感覚がおぼつかなくなったときに似ていた。

前方の車と距離感が全くつかめなくなり、煌々と光るオレンジライトの連続に、異次元の世界へ頭だけもっていかるような、そんな感覚(これは普通にヤバいと思い、すぐにサービスエリアで父に運転を代わってもらった)。

 

「もし本番でも、ふっと字が見えなくなったら、、、」

ゾッとしかしない。という話を、昨日はゆかりさんにぽろり。

そう!だって今回のライブはもはや私だけのモノじゃない。すでに、いろんな人を巻き込んでしまっている。その分、たった2回のリハーサルでは、かなり作品に厚みが出てきた。ラスト5分登場の姫路のうさぎも本気!できるなら、もっと音楽との一体感や内容のクオリティーを上げたい。と、そんな欲も出始めてきていた。

 

■目を休めることが先決

多分、2年前から「もう限界」と思いながらも無視してきた眼精疲労がこうしてるんじゃないか?と思った。まずは、つけてればいつもいじってしまう(つい記事が書きたくなる)、だからできるだけスマホを切らなければ。←これまで「もうやめたい」「ガラケーに戻したい」と相談したこともあるが、結局できず

それ、自律神経じゃない?

症状をいうと、詳しい方がそんな風にも教えてくれた。え本当に?とにもかくにも、そろそろ医者にいかねば。

そういえば、一度だけ、姫路に住んでるころ、眼医者に行った。駅前の商業施設内の眼医者だったが、そこの看護師の対応があんまりすぎて、もう2度と行けなくなった。いつか父に「お父さん、早く腰のお医者さんに行かんと」といったことがあるけど、似たような経験から父は40年ほどご無沙汰だとか。確かに医院の対応ってめっちゃ大事。私もお父さんのことは言えないね。

 

■決めてること

りんごライブはやりたい

かお凛ブログは書きたい

オモシロ企画はそのつどやりたい

 

あとは、采配と体調をととのえることが先。

これまでは、どうも「自分のやりたい」と「周りのためにこうあったらいいよね」が交錯する傾向がつよかった。ここ2週間、特にアウトプットしながら、同時に客観視を進めていたけど、思ったよりも「ひと様」思考が強い。こういうと変に感じるかもしれないが、もっと「自分だけの幸福」を追いかけられたらいいのに。楽なのに、と思った。

■だから自分自身に何度も聞かないといけない

本当にそれやりたいの?

本当の本当に?

それ、ちゃんと責任とれる?

勘違いしている可能性がある。人様にいいと思っていることをまるで、自分がやりたいと思う錯覚。だから、何100回も聞こう自分へ。そして、責任というのは、失敗したときもそう私のせいですよ、でもやりたかったからやったんですと、まずいえるか?てこと。

関わるあなたの分も、あの人の分も全部わたしが責任とりますからて。今、頭の中で考えている「やりたい」構想の中で、全てにおいていえるか?いや言えないよな、というやつはとりあえず省くべき。

 

 

■ちーんとならないために

たぶん、この作業がめちゃめちゃだいじ。何100回の問答の末、勝ち残ったものだけが残るから。ともすれば、わたしは、この5年間、いつもこの最終問答に負けてきた。これまで考えてきた夢はいっぱい。→ 全国飛び回るヨガ講師になりたい、個人コンサルやワークショップで≪自分らしく生きる≫応援したい、はたまた大人と子供の集う地域の学校作りたいとか。

その都度、周りに応援者もいた。きっとどれもこれも叶えられたと思う。でも、最終的に↑の問答に、YESの一言が言えない。

いつも私自身が納得できずに「なんか違う」と手放してきた。

ブログでは「やるやる詐欺」の横行、ほんとうにその都度読者さんを裏切っているようで、ほんとうに申し訳なかった、、、 

 

 

案外。

ここまで時間をかけた割に、今やってることをただ≪自分なりのカタチに変える≫ただそれだけのことになるかもしれない。やりたいことしか、やっぱりできない。

ということは、すでにやっていることの中にヒントがあるんだよね。とそんな話はまた書いてゆきます。

 

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です