【ダラダラ書き】「したい」だらけの年末へ!

昨夜からExcelと戦っている。

内容そのものは来年からの動きの件。

 

##

~これから、ある仕事にとりかかる。その前に脳内ダラダラ書き~

神様、これ以上、私に何をさせる気なのか

思えば、最近年末に入ってから、調べるジャンルも半端なく“飛んでいる”。そういえば、一年前かな。義父がわたしのことを「エキセントリックだ」「自覚ないのか。それじゃ話にならん」と言ったけど、たしかに。今じゃ、全く否定できないかも。

 

◼ここ数ヶ月あらゆるジャンルへの挑戦

つい数週間前は、音響や照明、プロの演出ってどんな感じ?と寝ても覚めても考えていた。ところが、昨日は完全に少し前戻り、これまでの営業・企画・編集に対する業務内容を捻出、それにかかるOJTも打ち出していた。

再び、今朝になり一転。やはり来年2018を考えるにあたり、Webは絶対に手が抜けないと、2ヶ月ほど前に買ったWebマーケティング本を読んでみることに。現在、Web制作で必ず行う業務、ディレクションも、今はなんとなく自分担当て進めているが、実際は細かな業務に分かれるようだ

ここ数週間は、改めてマーケティングやビジネスそのものの経験も知識も足りないと、ライブ前まで発声や本読みに使っていた時間をそっちへ。調べれば調べるほど、自分の中途半端な知識と技能に嫌気がさしてゆく。

◼そもそもさ!

↑そりゃそうだ。思い返すと、そもそも私の出所は“教育畑”だった。学生時代、教師になるための勉強メイン(なことも忘れていた)だったのだ。Webやマーケティング、もちろん通常の営業業務さえ、その後の個人業、実践の中での“叩き上げ”でしかない。こうして書くライティングスキルもそう。

何が正解か分からない中で、とにかくひたすら走ってきた。

後半に、たまたまそれを評価してくれる人たちがいた。ただそれだけ。

企画においては、独学どころか、イベントだの講座だの、なんだかんだしてる内に「あ、これが企画というものか」途中で気づく始末。司会やファシリテーションさえ、当初は名前も知らず、会当日「進行役のかおりんです」と名乗っていた。

名前なんて、何でも後付け。どうでもいい。

でも、企画を企画だと自覚したころ、コミュニティ作りのプロ★相棒ミカンの脳内を形にする次のステップを踏んでいた(これが10越えという、想像以上の数だったのだけど)それが2年前のはなし。

ふしぎだ。

これまでの道や今の私自身を有り難くも高く評価してくれる人たちが居て。私はきっと選ばなければ、この先も仕事には困ることはない。いや、選ぶから、こう悩みもするんだけどね。

ただ、これだけはいつも考えてる。

 

自分にとって最善の選択はどれか

 

ライブだけじゃなく、

人生そのものも、心がワクワク震える生き方がいい。

 

##

 

来年はそろそろ指標も決めていく。

数値目標も今日中には出そう。

まずはそこからかな。

年明けは、マイクもったり、走ったりしてるっぽい

意外に「したい」だらけの年末を迎えてる。

 

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です