『ボヘミアン・ラプソディー』

 

主役は、クイーン。

実はけっこう期待していたけれど、

想像以上だった。

 

 

フレディのことば。

最後の20世紀最大のチャリティーコンサート『ライブ・エイド』。何万人の観客を前に制作者の想いを想像してしまった。

完成したとき、一体どんな想いがしたのかとか。

 

 

「映画館で観る価値がある」

 

 

珍しく、猫の好評価。アナ雪を上回る興業収入の意味、全身全霊で訴えかけてくる作品。

ここで観れてよかった。

このタイミング。…まじか。

 

 

 

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です