二度と恋愛なんてしない、と誓ったとき。

そういえば、ふと思いだした。

すきになったら。

これを読むとき、

いつも【たったひとり】を思い出す。

「すきになったら しりたくなる」

会えたときも、

会えないときも、

つらかったきもち。

時計がずっと気になって、

“時間”しか考えられなかったこと。

それで、思ったんだ。

どんなに近づいても

ひとは、結局、ひとり。

思うようには“重なれない”こと。

求めるきもち、

育つほど、うれしいより、

苦しくなる。

“運命”と信じていた、あの頃。

『すきになったら』

読み返す度、今もときどき心キリキリ。

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です