ハッとしたこと。

すこし長編。

約一年前に買った絵本、おじいちゃんがおばけになっちゃったというお話に、曲をあてがえていたら、ハッとした。

■自分のみえてる世界がカタチになる

今日、四つの曲をまずは入れてみた(このあときっと何回も入れ変わる)が、どれも綺麗なメロディライン。結局ピアノ。

物語に音をあてがえると、もしかすると、これは自分のみてる世界そのものではないか、という気がしてきた。

もしも同じことが起こったら、こんな音が鳴ってるんだ。

わたし、思ったより、ロマンチストかも?

創作してると、なにが好きか、嫌いか。どんな風に世界をみているか、とか。なんとなく“じぶん”にも気づいていく。

かおりん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です