【ネコリンゴ会話】昨夜レストラン。本日は超絶不調。大掃除も年賀状も明日へ。

昨日までは元気マンマンだったが(*_*)

朝起きたら、強烈なお腹の痛みに襲われた。ここへ来て2ヶ月ぶりの生理。昨日のアルコールが“副作用”起こしたか、痛みがいつもの倍以上(*_*)←あんまり酷いときは救急で運ばれる

そうだ。そういえば、最近変に胸が張るなぁと思っていた。気をつけるべきだった。

そんなことは露知らない昨夜。

21階からの景色もとっても綺麗でね。向こうに岡山城。結婚式も行われたりするらしい。岡山にもこんな素敵なお店あるんだね!

雰囲気も良し。料理は【お迎えの品】を含め全8品。デザートが終わる7品目までに、お酒は、まさかの赤白二本とも開けてしまった。猫リンゴあるある(* ̄ー ̄)

あ、一杯目はシャンパン、、、も飲んでいた(*_*)

 

写真はこの魚料理までで。

このあと、お肉料理はブレブレしかなく。動画も撮ってたけど、変なテンション。とっても見せられない~(* ̄ー ̄)

🐱「やっぱりたまにはこういう店もいいね」

🍎「出会った頃、そんなん言わなかったのにね。成長?」

🐱「前職のときは、行く機会がなかっただけだよ。同じ営業でも、行ってたお店は居酒屋とかが多かったし」

🐱「そういえば、この間上司と行った“おでんや”も美味しかった。」

🍎「おでんや?姫路でもないのに?」

🐱「うん、今度はあそこへ一緒に行こう」

そんな話をしたり。

落ち着いた雰囲気は一番良い“酒の肴”。

 

~猫とリンゴトーク深まってゆく~

お父さんの病気のことや、改めて、自分達が生まれ育った環境や価値観の違い話にも及び。贈り物ひとつ「何を贈ると喜ばれるか」本当に全く違うねとか。

お祝いがあれば、現金を送るが相手に一番良いという(ФωФ)意見にどうしても賛同はできなかったり。

 

🐱「かおりんはね、お金に対しては、もっとご両親に感謝すべきだよ」

🍎「え?どいうこと」

🐱「結局は、それに(本当に)困ったことがないんだよ。」

🍎「、、、?」

🐱「子供の頃から“気持ちを大事にする贈り物を選択をしていた”とすれば、それが、当たり前にできる環境があったということ。」

🐱「ご両親が、かおりんをお金で困らせる経験をさせなかったという証拠だよ。」

 

🍎「な、なるほど、、」

🍎「確かに、うちは金持ちというわけではないけど、お金に対してはいつもクリアだった。特に人(両親は“他人”を“人さま”と呼ぶ)に対しては、お父さんもお母さんも“ケチ”とは程遠い人だしね。」

🐱「ふむふむ(にゃんにゃん)」

🍎「自分達のお金が苦しくなっても、横で困っている人がいたら、その人のために何ができるかと動いてしまう。、、これDNAか。」

 

 

そうだね。あの両親あってこそ。

あってこその、今の私。

ありがとう!!お父さんお母さん。

 

とか、改めて猫会話。

両親への感謝も深まりつつ、最後「ネコサンの方こそ、長男だし、なに不自由なく来てるやん」と突っ込んだら「うん。沢山もらってきた」と切り返され、ひとこと。

 

🐱「だからこそ、自分自身が確実に幸せになることが一番の孝行。それが両親の(言われたことないけど)願いなんだよ」。

 

結婚して6年目?いつまで経っても、ネコサンとの会話は飽きない。むしろ、この神様会話(私はネコサンを“身近な神様”と思っている)はへぇとなる。

 

 

あぁ、ようやく書けるほど復活。

お腹はまだいたいけど、大丈夫。

 

##

大掃除や買い物は明日新幹線のるまえでいいや。

ごめん、ずっと寝てて。

わたし、ほんとうに彼でよかった。

おいてもらったポカリ。

そう、大切にしたい。

わたしは、わたしだけじゃなく。

ネコサンも、周りのみんなも。

欲張りかもしれない。

でもいい。これが私の両親のおしえ。

間違ってない。うん、わたしはわたし。

 

かおりん

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です